フィリピン日本通運株式会社
  • 63 (2) 839-1111 (本社)
  • 63(32)341-3151 (セブ支店)

ホーム > サービス > フィリピンからご帰国(転勤)される皆様へ

フィリピンからご帰国(転勤)される皆様へ

1.早めのご準備を

日本へのご帰国、新任地へご赴任が決まり、

お引越の準備をお考えの皆様。

転勤が決まりましたらお早めにご一報をどうぞ。

特に毎年3月、4月は引越繁忙期で混み合います。

具体的な日程がお決まりでなくとも先ずは見積り、ご自分の荷物量を把握しておきましょう。

 

 

2.会社制限枠

通常、ご勤務先によって運搬量(船便○cft、航空便○kgs)・輸送回数・保険付保額に会社規定があります。 制限枠を超えると個人負担となる場合がございます。単身、帯同家族人数や在留期間にもよりますので、予め会社規定の ご確認をお願いいたします。

 

会社制限の一例
船便 本人3m³、配偶者5m³、子供1人2m³
航空便 本人30kgs、配偶者30kgs、子供1人10kgs
船便・航空便振替 可能
保険付保限度額 特になし
発送回数 船便1回、航空便2回

※航空便は実際の重量と箱サイズの重量が有ります。

 

3.荷物の仕分け

お荷物は、引越後の生活スタイルを想定し、品物の緊急度やご予算等にあわせて選別する事が大切です。

A.船便

家具などの嵩張る物、壊れやすい物(食器類、電気製品)、重い物(本類)、

その他の特にお急ぎでない物。

B.航空便

帰国後、早急に必要な物(会社書類、学用品、お土産等)で携帯手荷物では持ちきれない物。

現金や貴重品、壊れやすい物は入れないように注意しましょう。

C.携帯手荷物  (ご自身でお持ちになる物)

出発間際まで使用し、帰国後も直ぐに必要な物(現金、貴重品、お土産、学校編入学書類、

運転免許証など)。

航空会社・チケットの種類により手荷物の制限は異なります。

航空券予約の際に確認しましょう。

D.知人に譲る物 (フィリピン国内にて残置・処分)

海外仕様の電器製品、動植物、日本の新居に入りきらない物、会社制限に納まらない物。

E.オーナー備品

家具や電化製品、食器や絵画、置物など、部屋のカギ、リモコン、取扱説明書など、

間違えて引越荷物としないように予めチェックしましょう。

 

4.日本へ帰国される皆様へ

トランクルームやご実家で保管の荷物をいつ頃、ご新居に運び込むか決めましょう。

日本側の担当店と直接に打ち合わせをお願いいたします。

家具などの収納が多い場合には先に日本国内の引越をし、収納場所を確保の上、

船便の配達を受けますと収納がスムーズになります。

A.トランクルーム

配達希望日時をお知らせください。

B.国内引越

引取場所、下見の日時と立ち合いをいただける方の連絡先、引取希望日時、主な品目、

配達希望日時をお知らせください。

 

【フィリピンからのお引越しのご用命はこちらまで】

https://www.nittsu.asia/ph/contact/enquiry/default.asp

ハートライナー 海外引越