シンガポール日本通運(株)引越支店
  • +65 6565 8177

ホーム > サービス > 引越秘伝術

引越秘伝術

引越の予感

懐かしい日本へのご帰国、また新天地へご赴任が決まり、新たな生活がスタートする方も多い事でしょう。 引越の予感がしたら、早め早めのご準備をお薦めします。特に毎年2月、3月は引越繁忙期です。具体的な日程が決まっていなくても、 先ずは見積り、ご自分の荷物量を把握しておきましょう。

会社制限枠

通常、ご勤務先の会社によって運搬量(船便○cft、航空便○kgs)・輸送回数・保険付保額に規定があります。 制限枠を超えると個人負担が発生するのが普通です。単身、帯同家族人数や在留期間にもよりますので、会社規定を予め ご確認お願いします。

※会社規定の一例
船便 本人5m3、配偶者11m3、子供1人2m³
航空便 本人30kgs、配偶者30kgs、子供1人10kgs
船便・航空便振替 可能
保険付保限度額 特になし
発送回数 船便2回、航空便2回

※1m³=35.315cft 目安は事務机くらいの大きさです。

日本国内残置荷物

トランクルーム保管荷物、国内引越(ご実家に預けている)荷物を帰国後の新居にいつ頃運び込むか決めます。 帰国間際の忙しい時に慌てないよう、なるべくお早めにご準備されることをお薦めします。 在星中に弊社から日本担当店へ手配できます。「日本国内残置荷物移送申込書」にてお申し込み下さい。

  1. トランクルーム…配達希望日時を通知下さい。
  2. 国内引越…引取場所、下見と引取希望日時、主な品目、配達希望日時を通知下さい。
    帰国後に新居を決める場合は、この必要はないでしょう。

(経験談)新居への配達日は、シンガポールからの引越荷物とは別の日を設定したほうがいいかもしれません。一時に大量の荷物が運ばれてくると 片付けるのが大変では?

帰国前に購入予定の大物家具

シンガポールにおいては、ヨーロッパ製、バリ製、中国製家具類が割合安価に入手できるとあって、帰国前に購入される方がいらっしゃいます。
①会社制限枠に入るかどうか、②新居の寸法に合致しているか、をよくご検討下さい。
いわゆる「引越荷物」は、6ヶ月以上海外にて使用していた荷物ですので、帰国直前に購入した新品物品には関税、消費税が課せられることを念頭におきます。 但し、別送品申告を提出すれば、海外市価の合計額20万円迄の免税範囲が適応されます。

荷物の仕分け

お荷物は、引越後の生活スタイルを想定して、品物の必要度やご予算等にあわせて選別することが大切です。 日通仕分けステッカー「STAY」「PACK」を物品ごとに貼り付けていくと、作業もスイスイ進みます。
船便
かさばる物(家具類)、壊れやすい物(食器類、パソコン)、重い物(本類)、その他急がない物。
航空便
帰国後早い時期に必要となる物(会社書類、学用品、おみやげ等)で携帯手荷物では持ちきれない物。貴重品を入れないように注意しましょう。
携帯手荷物
出発間際まで使用し、帰国後直ぐ必要な物(現金、貴重品、おみやげ等)、パスポート、学校編入学書類、運転免許書。
航空会社・チケットの種類により無料手荷物の制限量は異なります。航空券予約の際に確認しましょう。
知人に譲る物
海外仕様の電器製品、観葉植物、日本の新居に入りきらない物、会社制限にどうしても納まらない物。
オーナー備品
部屋のカギ、エアコンやTVリモコン、取扱説明書、電化製品など予めチェックしましょう。
寄付する物
日本人学校に書籍寄付、日本人会図書館/JASリサイクルバザーに寄付。
シンガポール日通では、これら寄付頂ける品物をお客様からお預かりし、後日まとめて各々の団体へ配送しています。
処分する物 / ガレージセール
引越は荷物整理のよい機会です。思い切って処分するのも一案です。家具、冷蔵庫などの粗大ゴミの 処分につきましては、日通下見担当者にご相談下さい。また、まだまだ使えるものは売買掲示板に出して積極的にリサイクルしましょう。

Dr.KAWAの「引越の失敗」傾向と対策

引越の失敗例

失敗の1
家の鍵をオーナーに返却しなければならないのに、船便の荷物と一緒に梱包されてしまいました。
Dr. KAWA
作業員は梱包の際、鍵やエアコンのリモコン等は梱包しないように注意しています。ただ、小物入れの中や他の物と混ざっている場合、 気付かずに梱包してしまうこともあります。必ず作業前までにオーナー所有物をチェックして、梱包されない場所に置いておきましょう。
失敗の2
航空便が会社制限重量を大幅に越えてしまいました。船便は制限量より少なく余裕だったのに、、、
Dr. KAWA
航空便の重量を計測する際、容積重量という測り方があり、大きさにより重さが決まります。梱包すると意外に大きくなり重くなります。 船便発送後の必要最低限以外のものはなるべく船便で出しましょう。また、船便梱包時に日本人担当者にもう一度航空便の荷物量を確認してもらいましょう。
失敗の3
引越荷物の量が会社の規定内だったので、こちらで購入した家具や、もう使わないベビー用品・おもちゃまで持ち帰ったのですが、 家具は日本の家に合わないし、処分しようとすれば粗大ゴミや不燃ゴミばかりで、とっても苦労しました。
Dr. KAWA
シンガポールのコンドミニアムに慣れると、日本の家の大きさをつい忘れてしまいます。ソファーが玄関から入らなかったり、インドネシア家具の 椅子が一室を占拠してしまったり、、、と失敗例は限りがありません。
今一度、日本の六畳間を想像し、家具が合うかを検討して下さい。また、自治体によっては粗大ゴミの処理が有料制であったり、 予約制であったりして大変です。シンガポール日通では粗大ゴミの処理等もお手伝い致しますので、日本人担当者にご相談下さい。

他にもこんな失敗が、、、。うそ~!のようなほんとの話

  • 引越荷物の中にパスポートを入れてしまった。
  • 航空便の中にへそくりの60万円を入れてしまった。
    パスポート、航空券、貴重品、紙幣、証券等は必ず携帯品で。
  • 日本に着いてさぁゴルフという時になって、シンガポールの会員権タグが付いたままだった。
    梱包前に会員権タグを取り外したかどうかもう一度確認しましょう。
  • パソコンのデータが飛んじゃった。
    大切なデータは必ずバックアップを取っておきましょう。
  • 大きめの箱に本を詰めたら、誰にも動かせない位重くなった。
  • 新品の家具を購入したが、引越の日まで自宅に配達されなかった。
  • 漢方薬を送ったら、ワシントン条約に違反する物があり殆ど没収されてしまった。
  • 日本で提出する別送品申告書を勘違いしてシンガポールへ送り返した。
  • 生ものを入れてしまい、虫がわいた。

急がば回れ

Dr. KAWAからの引越格言は、急がば回れ。いずれの失敗も慌てず、ちょっと気を付けるだけで防げるのではないでしょうか。 急いでいるときこそ落ち着いてお引越の準備に取りかかりましょう。私共も最大限にお手伝い致しますよ。